c3fb7538.jpg





前回のつづき



今回はフライドチキンライス、そして最近食べたシンガポールの代表的麺料理ラクサをご紹介したいと思います。まずは生ビールをグラスで♪





f6d27da0.jpg





席は前とほとんどかわらないテーブル席に落ち着きました。

注文したのは「海南フライドチキンライス」の中、880円。前回、値段について触れませんでしたが、どのメニューも千円以下!とリーズナブル♪




17701095.jpg





まずはスープが運ばれてきました。




7fd252e5.jpg





前回はキャベツだけのシンプルな・・・と書きましたが、お豆腐も入っていました。小さなさいのめ切りの絹豆腐もこれまたこのスープによく合っているのですが、入っている時といない時があるような気がするのは気のせいでしょうか?




2949b738.jpg





さて、こちらがわたしの好きなフライドチキンライスです♪




b2c5ac4a.jpg





ほ〜ら、美味しそうでしょう〜(笑)!




6b521464.jpg





鶏の皮は本来苦手なんですが、このフライドチキンは皮がパリッパリで中のお肉はふっくらジューシイでペロっとイケちゃうんです[E:heart04]




5923b1c4.jpg





付属のタレがさらにそれを食べやすくさせてくれます☆




63fb9f00.jpg





今回は高菜をトッピングしてみました♪




2d19ba58.jpg





そしてこの日もジャスミンライスの日!

やっぱりジャスミンライスは美味しいわ〜[E:up]この日は狙っていったんですけどね[E:wink]




1f94eae1.jpg





そして再びビールの写真

これはつい最近、ラクサを食べに訪れた時のもの。13時過ぎにもかかわらず満席で少し待ち、ようやく空いて初のカウンター席へ案内されました。奥行きがあってなかなか悪くないです。で、またお決まりのビールをグラスでいただいたのですが、そういえばちょっと難点なのが、グラスなのにちょっと高いんです、ここ。ジョッキと50円しか変わらない。あまり女一人でビールをたのんでいる客っていないんですが、この日はわたしの後から入って来て隣に座った女性がジョッキをたのんたのでたのもしく思いました(笑)。チラっと見ると、なんだかジョッキのほうがいい感じ・・・。50円差なら今度からジョッキをたのもうと心に誓ったセコイわたしなのでした。




22a1c7f3.jpg





さてさて、こちらが「ラクサ」です!

おお、これがラクサなのね!知ってはいたけど食べたことはなかったラクサ。一度食べてみたいと思っていたんだ♪カレーとココナッツを効かせた麺料理ということで、タイのカオソーイと似たようなもんだろうと想像していましたが、見た目はほとんど同じです。まずは具に注目してみましょう




87bc0940.jpg





油揚げ

これはタイにはないような気が。




1abff452.jpg





ゆでたまごのスライス




d6d31035.jpg





エビのゆでたの




ba9b90e9.jpg





さつま揚げ




0de64fab.jpg





そして麺の上にはたっぷりのもやし、その上にレッドオニオン、フライドオニオン、そしてパクチーがひらり。具はカオソーイとは微妙に違う感じ。さて味はどうなんだろ?




51fb29ed.jpg





おーいしーーーー!(岡村風)

ヤバイ、これかなりイケますゼ[E:good]ビックリしたのが写真のとおり、麺が卵麺とセンレック(米麺)と混在していたこと。これはラクサというのが基本的にこうなのかここオリジナルなのかは分かりませんが、でも面白いなあと思いました。




9ea22582.jpg





今回とても美味しいと感じたのがスープ。

カオソーイよりマイルドなんですよね。といってもココナッツだけの甘ったるい感じでもなく、なにかしらの出汁が効いている感じ。しかしカオソーイもあちこちで食べたことがあるわけじゃなく、ましてやラクサは初めてなので何とも言えませんが。とにかくここのラクサはとーっても気に入りました☆特にスープをしっかり吸った油揚げが個人的に一押し[E:good]




a055f72b.jpg





チキンライスの美味しさは十分堪能したので、次は気になるマレーシアカレーか焼き麺(なかなかやってない)にチャレンジしたいです。つい最近も娘連れでトライしてきました♪キッズプレートやベビー粥などお子様メニューも充実していて実際子連れも多く従業員さんも優しいので、安心して食事をすることができました。娘もお粥やジャスミンライスを食べて終始ご機嫌でした☆もっと近くにあったら毎週でも通ってるんだけどなあ〜、そんな愛すべき『Mu-Hung 夢飯』なのでした。



あ、そうそう、ツマミやお酒も充実してるので飲み屋としてもGOODです☆