0ee94aab.jpg





あるものが食べたくて銀座の『シェ・トモ』のランチに行ってきました。

場所は銀座のど真ん中にあるPOLAビルの中





今回は写真多め、文章少なめでいきます。




db1dd4f0.jpg





エレベーターの中

最上階がシェ・トモです。





736c931f.jpg





エレベーターが開くと目の前がエントランス

開店と同時にお邪魔して、すでに数組のお客様がお待ちでした。





823527f8.jpg





ウェイティング用のソファ

ゴージャスです。





82be9601.jpg





今回のランチは予約をして伺いました。通されたのはカウンター席

このお店はコンセプトによって雰囲気の違う席が用意されています。この11Fはカジュアル寄り。よりゴージャスなのは吹き抜けになっている上階の12Fみたいです。





02c48629.jpg





しかし…予約をしたにもかかわらず私の席は目の前のビールサーバーで視界がめちゃ遮られていました。このときからサービス対して嫌な予感を抱きはじめていたのですが…それは的中。この日カウンターに座ったのは私と飛び入りのお客の2名だけ…。





7c0df1c3.jpg





まあ、まずはお料理です。

テーブルセッティング





a4879a86.jpg





さすが、ゴージャスです。





d3cd6af9.jpg





ナプキンをとるとお皿はこんな感じ。

黒に金の組み合わせが、何度も言いますがゴージャスです。





7fbaddd2.jpg





その隣にはパンをのせるお皿

こちらは真っ白





578bdb2d.jpg





ほどなくしてパンがサーブ





6b4dc590.jpg





オーソドックスなフランスパンです。

特に温めてあるとかはありませんでした。





fd5df4bd.jpg





付属のバターにはお店のロゴが刻印

ゆで卵みたい(笑)。パンもバターも美味しかったです。





8d668b36.jpg





グラスワインをいただきながらメニューを検討

ワインは無難にシャルドネ。800円くらいだったかな。



さて、メニューは3200円のコースのみ。事前に調べた内容だとグラスワインをプラスしたお得なコースもあったのでそれにしようと思っていたのですが、なくなっていて出鼻をくじかれました。でも結果的に同じような値段になったんですけどね。





00117207.jpg





スペシャリテだという『生雲丹の貴婦人風』がプラス980円でいただけるそうなので、せっかくだしお願いすることにしました。ウニ大好きだし!でも小食なので事前にボリュームを確認。ごく軽いものだということで安心してオーダー。そしてトップバッターでイキナリ登場





580ca327.jpg





「生雲丹の貴婦人風」

おおお、なんだかトゲトゲしいのに優しい感じがする[E:sign02]雲丹が小ぶりだから?お皿が淡いピンクだから?





226b5207.jpg





美味しいです。でも言われたとおり本当に軽くて、あっという間に食べ終えてしまいました(笑)。

雲丹を食べているというより雲丹のスープを飲んでいるという感覚に近かったかな。





20b23d26.jpg





お次は選んだ前菜「オーストラリア タスマニア産 サーモンのマリネ お米で作ったガレットにのせ タルタル仕立て」



見た目が麗しくていいですね[E:shine]





ea456320.jpg





タルタルサーモンの上にはウズラらしき小さい目玉焼きがのっています。





68aa3a27.jpg





お皿をふちどる彩り豊かなドットのソースたち。

いちばん外側はお米を揚げたもの。





62c2d673.jpg





そしてニョキっと立ってるこちらのブツ!(笑)

何なのか説明がなかったので分かりませんでしたが、食べた感じでは穴子とか魚系を揚げてスティックにしたものっぽい感じがしました。





a695a974.jpg





ゴチのようなショットで(笑)

美味しいですよ〜。見た目どおりの上品で繊細な味わい。





2c784407.jpg





断面はこんな感じ。

下はお米のガレット。かなり圧縮されているのでパンの感触とあまり違いを感じませんでした。





39754102.jpg





そして、じゃじゃじゃじゃーん!!これが今回訪れた目的![E:dash]



「山梨県産 無農薬野菜達 28〜30種の盛り合わせ」!



うわー、まさにお野菜の宝石箱!(彦○呂?)





8399792b.jpg





でもそれって間違ってない表現、本当に宝石ですよ、これ![E:shine]





0072d29a.jpg





それぞれの野菜は種類が多いので説明は割愛しますが、季節のお野菜がそれぞれ異なった仕事をされ見事にお皿に並んでいる姿はまさに圧巻。そして味もどれもしみじみと美味しい[E:catface]





3d7a0b97.jpg





あまりに美しいので角度を変えてさらにパシャリ![E:camera][E:shine]

季節柄かお皿が大好きなガラスなのも野菜たちがより美しくみえて最高♪



これだけのために来たといっても過言ではなかったのですが、ホントに美しくて美味しくて、来た甲斐がありました。




ac68d16b.jpg





メインは魚料理を選択

「パートフィロで包まれて焼かれた地魚とフランス モンサンミッシェル産 ムール貝のムース ういきょう風味のクリームソースで」

名前長っ!!




55573942.jpg





注文の前にパートフィロってなんですか?と訊ねると、トウモロコシ粉と小麦粉を合わせた薄い生地とのこと。これがそれ。上にチーズがのっています。キツネ色が美味しそう♪




35fef89e.jpg





ういきょうのクリームソース

ディルに似てますが味はディルほどクセはありません。




fdcd14ce.jpg





ムール貝たち

芸術的な演出が施されています。




19422acb.jpg





ムール貝の上にあるこの赤いのがなんなのか分かりませでしたが、美味でした。




4f61104e.jpg





周りをふちどる黒いソースは黒オリーブのソース。

貝の下のマッシュポテトとこれを貝にからめて食べるとああマリアージュが…素敵でした[E:heart01]




b3b46630.jpg





ちなみにパイの中身はこんな感じ




f54e659c.jpg





地魚の種類の説明はありませんでしが、白身魚でした。ネギなどの野菜が一緒になっています。ういきょうのソースとよく合い、想定範囲でしたが美味しかったです。




249f445b.jpg





さて、ラストを飾るデザートは「イマジネーションのデザート」



ワゴンで材料が運ばれてきて説明をしてくれるという珍しいものでした。この日はヴァローナ産チョコレートを使用した3種類のチョコレートデザート、いちじくとゴマを使ったなんちゃら(失念)、卵とヴァニラビーンズを使ったプディングのようなもの、と説明を受けました。



いちじくと迷いましたがチョコレート3種が気になり、チョコに決定!




0af6431e.jpg





デザートのテーブルセッティング




a57a1e30.jpg





ミルクと砂糖

使いませんでしたが。




c07112e9.jpg





飲み物はホットコーヒーにしました。

やっぱりチョコにはコーヒー[E:cafe]が合うと思います。まあたいがいコーヒーなのですが…。




104a038d.jpg





さすがにひき立てなのか香りよく美味しかったです。そしてこのカップ&ソーサーも素敵でした。




496449f4.jpg





じゃじゃーん!こちらが「ヴァローナ産を使ったチョコレート3種」です!

それぞれ説明があり、左から…




481d27c1.jpg





手前がチョコレートのマシュマロ




1a0228d6.jpg





奥が生チョコ




e1631856.jpg





さっそく生チョコからいただくと、おっと!下にナッツらしきものが。一手間かかってます。さすがです。




1dde09b8.jpg





手前のマシュマロの中身はこんな感じ

うーん、私にはただ甘いだけにしか感じられませんでした。これが一番イマイチでした。




e3c7de52.jpg





チョコレートのアイスクリーム




160eceed.jpg





アイスが出てきた時から溶けかかっていたのが気になりましたが、高級チョコはもしかして溶けやすいのかも…と無理矢理思うことにして、いただきました。



甘い!もちろん美味しいのですが、最近甘いものがやや苦手になってきて遠ざかっていたのでことさら甘く感じてしまったんだと思います。なのでデザートの感想はあまり参考にならないかもしれません。




9ae3330a.jpg





一番右端はチョコレートドリンク

チョコレートドリンク!実はいままで一度も飲んだことがないのです!なぜなら好きじゃないから[E:bomb]だってすごく甘そうな気がして〜。




99c3fe2e.jpg





なかを覗くとチョコレートでハートが描かれています。上品で可愛い演出です。

そして実はこれが3種類のなかで一番美味しかったのでした(笑)



意外に甘くないことに驚きました。他のお店のを知らないから何とも言えませんが、チョコレートドリンクって美味しいものなんだ!と認識し直した次第です。




577a9d03.jpg





吹き抜けの天井から下がる照明もオシャレ




c9bcca6c.jpg





カウンターの後ろを振り返るとこんな感じ



4人掛けなテーブル席が1卓。メインの席はカウンターの奥にあるので今回その様子は窺い知ることはできませんでした。が、沢山のお客さんで賑わっているようでした。しかしカウンターは前述のとおり2組しかおらずやや寂しい感じ…。




3714dca7.jpg





ごちそうさまでした〜!



さすがにお料理は全部美味しかったです。でも残念なのは接客。詳細は省きますが、一言でいえば、心がない…。大きなお店なので店員さんの数も多く、へんな話、当たり外れがあります。でも当たり外れがあってはいいお店とは言えない…と思うのです。料理が一級なだけに残念でした。






c988b75d.jpg





ふと壁をみるとアルファベットの「T」が刻まれていました。エントランスの巨木といいインテリアに独特のこだわりを感じました。



今回は例のお野菜たちを食べることが目的だったのでその意味では満足でした。次回はディナーをと考えていましたが、今回の接客でうーん…という感じ。でも銀座の一等地でこの料理のクオリティを考えると、このお値段でいただけるのはお得なのは間違いないです。



ということで、野菜の美味しさ、お皿の美しさにゴージャス感、そしてさまざまなシチュエーションに対応できる空間という点から特に女性にオススメしたいお店だと思います。



とりあえず銀座の記事はこれで一区切り。他にも紹介したいお店は山ほどあったのですがパワーが…。リクエストがあればまた[E:wink]。次回は中央線沿線に戻りたいと思います。