00
先日は、東中野にある漢江の焼肉ランチに行ってきました。
 
02
漢江は、すぐ近くの喫茶ルーブルでパンを買いに行ったときに偶然見つけたお店。
こんなところに焼肉屋があったなんて。店頭に出ていたランチの看板を見るとかなりリーズナブルだったので、さっそく行ってみることに。
念のため開店前に来てみたらやはり行列ができていました。早めに来てよかった〜。

03
開店時間になり店員さんの案内で各テーブルへ。
店内はこじんまりしていながら、大テーブル、カウンター席、奥にはお座敷までありいろいろなニーズに応えられそうです。おひとり様は、わたしを含めて全員中央の大テーブル席へと案内されました。大テーブルはアクリル板で仕切りがしてありました。

04
わたしの席の後ろにこんな角席が。
いいなあ〜ここ。この席でひとり地味に焼肉つつきたい(笑)

さて、注文したのはランチメニューから和牛ロース1000円。和牛カルビも同じ値段で、以前だったら迷わずカルビにするのですが、ここ最近お年頃なのか?もっぱらロースになりました さらにテーブルの人たちがみんな「肉大盛りで」と言っていたので、つい習ってわたしも肉大盛りにしちゃいました(笑)

05
そしてこちらのお店、なんと七輪なんです〜
七輪でひとり焼肉ができるのってうれしいです

06
網がのっかりました。
気持ちあがってきたー

07
そしてまたまたうれしいことにランチビールがあるのです
しかも250円とこれまた安い

08
おしぼりと割り箸

09
そしてお肉の到着ー!
ひゃー、おいしそう!

10
え?これってロース?!
すごい霜降りなんですけど!

11
お肉のほかにはキムチ

12
ナムルの盛り合わせが付いてきます

13
さて、焼き始めるぞ〜!

14
お肉を焼きはじめてからライスとスープが到着しました。
全体はこんな感じ。
めちゃくちゃおいしそうだと思いませんか?!(おいしいんですけどね!)

15
ライス
スープは単品で撮り忘れましたが、わかめとねぎスープでおいしかったです。

16
おいしそう〜

17
おいしい〜〜
焼く前もみるからにおいしそうなお肉でしたが、食べてみてあらためて実感!

19
お肉もさることながら漬け込んであるこのタレがまたうまい

20
ナムルは、周りのお客さんがライスの上にのっけてビビンパ風にしてるのをみてまたマネてみました(笑)

21
お冷はお水ではなくお茶でした。
何のお茶かはわかりませんでしたがグラスがランチビールと同じだったのでお酒っぽく見えてしまいました(笑)

22
そういえば、ライスのお椀がステンレスなのがめずらしいと思いました。
たしかに韓国料理のお店ではたいていステンレスなのですが、それはもっと小さい器で、こういうお椀型なのがめずらしいなあと。

23
お肉は一枚一枚焼いて楽しむほうです。そのためスローペースになりがちで、気づいたら周りのお客さんがほとんどひけていたという(笑)

24
あらためて全貌を
ナムル、キムチとのワンプレートっていうのもなんかいい。

last
ごちそうさまでした!
漢江は地元密着型のお店で、この地に構えて47年だそうです。
いや〜、これはかなり穴場的なお店かと

七輪でひとり焼肉といえば、いままでは長春館一択でしたが、これからは漢江さんが仲間入りしそう、ていうか長春館は平日ランチは金曜日だけになってしまったので、今後は漢江にバトンタッチの予感(笑)書いていたら食べたくなってきたので、近いうち大好物のハラミを食べに行こう。


和牛焼肉 漢江
050-5592-8567
東京都中野区東中野4-2-23 東中ときわビル 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131901/13042648/