01
先日は、チェックしていた一番飯店のランチに行ってきました。
これまたグーグルマップで見つけたお店だったのですが、かの手塚治虫氏が考案したメニューがありそれがとてもおいしそうなので行ってみることにしました。

02
訪れたのは平日の11時50分くらい。めずらしくちょっと出遅れました。
すると1階は満席、2階のテーブル席が1つ空いていて座ることができました。
「2階満席でーす」と店員さんのアナウンス。ギリギリセーフ。人気なんですね~。

03
広々4人テーブル席

04
右隣は6人テーブル席
最初はひとり客のおじさんが座っていましたが、その後ちょうど6人のお客さんが来て賑わっていました。

05
お水とおしぼり。
おもてなし

06
テーブルの端にはお水のポットと調味料などが置かれていました。

07_1
壁に今日のランチの黒板がかかっていました。
この日はキクラゲと豚肉の玉子炒め。好きなメニューなので惹かれましたが手塚氏考案のメニューを食べたかったので見送りました。

07_2
そのメニューとはコチラ、特製上海焼きそば
でもよく見ると焼きそばが2つある特製上海焼きそばと特製広東焼きそば。
何が違うのかと思ったら、広東のほうは麺がカタ焼きそばのようです。
カタ焼きそばもけっこう好きなのですが、王道は上海のほうみたいなので今回はお初なのもあり上海のほうにしました。

08
それと小生があったので迷わず注文
するとなんとお通しが 小サイズなのにお通しをいただけるなんて幸せです(笑)

09
春雨のマヨネーズ和え。
お通しってこういうのがいいんだよな~

10
料理の到着までメニューなぞを眺めて過ごします。
メニューは種類が豊富で、さらにこのような季節限定メニューもありました。

11
「たのしい小皿」のコーナー
なんてわくわくするネーミング!

12
しいたけの唐揚げが気になるな~
居酒屋として利用してみたい

13
しばらく気づきませんでしたが、わたしの背後に本棚がありました。

14
下段には当然のことながら手塚治虫先生の漫画がズラリ!
その隣の「ワカコ酒」に手を伸ばしそうになりましたがやめときました

15
ほどなくして料理が到着!
おいしそう~!

16
特製上海焼きそば

17
すさまじく具沢山で麺が見えません(笑)

18
お皿の上のほうにちょこんと辛子が添えられています。

19
スープも付いていました。

20
具をかきわけて麺を見てみました(笑)
さて、いただきまーす!

21
おいし~~!

22
ぷりぷりの海老に肉厚のしいたけ、きくらげにマッシュルーム
濃すぎない絶妙な味の餡でするする食べられちゃいます

23
スープもおいしい

24
あらためて。
すごいボリュームだから残しちゃうと思ったら意外なほどペロリと食べられちゃいました(笑)

25
なんと創業70年だそうです。
頭が下がります。

26
お店のショーケースがメニューじゃなくてお店の歴史なのが面白かった(笑)

27
ごちそうさまでした!
常にひっきりなしにお客さんが訪れていて地元の人に愛されているのを感じました。
特製上海焼きそばは少々お高かったですが、価値あるおいしさでした。
今度は定食メニューやたのしい小皿を楽しんでみたいです。


一番飯店
03-3368-7215
東京都新宿区高田馬場4-28-18
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13048804/